八潮市で虫歯でお困りならふじさき歯科へ

虫歯
  • トップページ
  • コンセプト
  • ドクター紹介
  • クリニック紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • お問い合わせ

虫歯の治療

虫歯とはミュータンス菌のつくる歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう病気です。
虫歯は自然治癒することはなく、そのまま放っておくとどんどん悪化してしまいます。
毎日のブラッシングをしっかりすること、 そして少しでも「歯が痛い」と感じたらすぐに歯科医院に行くことが大切です。

虫歯の進行度は通常、程度によってC0〜C4に分類されます。
「C」は※Caries(カリエス)の頭文字です。
※Caries(カリエス)……う蝕のこと


C0:脱灰

C0:脱灰

自覚症状はなく、痛みもありません。 この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により、再石灰化して治ります。


C1:歯の表面(エナメル質)の虫歯

C1:歯の表面(エナメル質)の虫歯

痛みはありませんが、放っておくと虫歯が悪化してしまう状態です。 この段階の虫歯はエナメル質を削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチックを詰めて治します。


C2:歯の中(象牙質)の虫歯

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

冷たい物や甘い物を食べたり飲んだりしたときに、しみたり、痛んだりします。 治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)で保護します。

>> 金属の詰め物が気になる方はこちら


C3:神経まで進行した虫歯

C3:神経まで進行した虫歯

この段階までくると、激しい痛みを感じ、神経をとる治療が必要となります。 神経の治療後、被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です。

>> 金属の詰め物が気になる方はこちら


C4:歯の根まで進行した虫歯

C4:歯の根まで進行した虫歯

歯の根まで虫歯が進行すると、化膿します。最悪の場合は抜歯が必要です。 抜歯後の選択肢としてはインプラント、入れ歯、ブリッジなどがあります。

>> インプラント治療についてはこちら


Page Top