ふじさき歯科では歯周病治療に力を入れ、歯の喪失を未然に防ぐお手伝いをしております。

歯周病
  • トップページ
  • コンセプト
  • ドクター紹介
  • クリニック紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • お問い合わせ

歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病!

歯周病は、40歳以上のなんと8割の人がかかっていると言われます。虫歯と歯周病は放置したままでは絶対に治らない病気で、どちらもプラーク(歯垢)が歯に付着し、細菌が歯や歯ぐきを侵すことによって起こります。

正しいブラッシングによって予防することが可能で、程度の軽い歯周病なら治るケースも多くあります。虫歯と歯周病の正しい予防・治療を行い、80歳で20本以上の歯を一緒に残していきましょう。


歯周病とは

歯周病とは、歯の周りの歯肉(歯ぐき)や歯槽骨に起きる病気で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違い痛みがないため、発見が気づかずに歯周病にかかっている方が多くいらっしゃいます。

歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつくなどの症状が気になる方は早めに歯科医院へ受診することをおすすめいたします。
歯周病は歯を失ってしまう原因の1位です。放置していて治ることはありませんので、手遅れになる前にご相談ください。


PMTC

最近、テレビや雑誌などで「PMTC」が取り上げられることが多くなってきました。
PMTCとは、歯科衛生士(Professional)が専用の器具(Mechanical)を使い、歯(Tooth)の清掃(Cleaning)をすることです。

毎日のハミガキでは落としきれないプラークやバイオフィルム、ステイン(着色)が存在します。
特にバイオフィルムは歯や歯の間にこびりついた細菌の塊で、虫歯菌や歯周病菌の温床となってしまいます。研磨剤や専用の機器を使用して磨き落とすことは、虫歯や歯周病予防に大変効果的です。


Page Top